🥋空手のメリット・デメリット


更新日:2019年1月6日

空手のメリット


<空手 子供のメリット・効果>

🥋子供に通わせたい習い事のランキングで水泳、サッカーに続いて空手が上位にあります。

子供に空手を習わせたい主な理由は3点です。

・強くなる

・いじめに負けない

・礼儀を身につける

現代では厳しく指導を受けることや礼儀を重んじる場が少なくなってます。

厳しい稽古・鍛錬を乗り越えることで、精神的にも肉体的にも強くなり、心に余裕ができ自信がつきます。

空手の一対一の試合では悔しくて涙を流す子供が多いです。武道の勝敗の中で健全な競争心・向上心を養うことが出来ます。

 

また、親の思いとして子供の習い事への期待は「成長につながる」「将来役に立つ」などがあるかと思います。

武道への世間の評価は比較的高く、「空手を長年やっていた」「特技は空手」ということが、将来受験や就職の際に評価を得られる場面があるかもしれません。

 

< 空手 大人のメリット >

運動不足解消、ダイエット、ストレス解消、柔軟性が身につくなど健康面に効果があります。

 

型の演舞は静と動の動きがあり、心身ともに鍛えられ、心も身体も軽くなります。組手が体力的に厳しい場合は型を中心に鍛錬することも出来るのが空手の魅力です。

空手のデメリット


空手をするデメリットは、やはりケガです。

どこの指導者も生徒の技量に応じた稽古をし、ケガの無いよう安全に指導します。万が一のケガに備え、スポーツ保険にも加入します。

空手を習う生徒もスポーツの習い事と同様、準備運動や体調管理をしっかりしてケガの無いように心がけることが大切です。

大きなケガをすることはあまりないですが、武道のため多少のケガはつきものです。ケガに強くなる精神力・忍耐力が鍛えられます。